SHARE

2024年06月03日(月)

【声明】気候資金に関するG7への公開書簡(#PayUp #ClimateFinanceNow)

おすすめ記事

お知らせ

提言

THINK Lobbyライブラリー

堀内葵

JANICは、G7諸国に対し、今年11月にアゼルバイジャンで開催される国連気候変動枠組条約締約国会議( COP29)までに新たな気候資金の拠出目標を設定し、達成するよう求める市民社会共同声明に賛同します。

米国、英国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、そして日本という、G7として知られる富裕国の首脳が、6月13日から15日までイタリアのプーリア州で会合を開きます。G7サミットは、世界の主要な「汚染国政府」に説明責任を負わせ、アゼルバイジャン・バクーで開催されるCOP29までに新たな気候資金の目標を設定し、達成するよう迫る重要な場となります。

この公開書簡は、グローバル・サウス(南半球)とグローバル・ノース(北半球)の運動を団結させ、グローバル・サウスへの補償の一環として気候資金を要求することを目的としています。私たちは、6月13日のG7サミット当日に、この書簡を様々なメディアに配布し、ソーシャルメディアで増幅させることで、できるだけ多くの組織の賛同を集め、G7への圧力を高めたいと考えています。

本要求にご賛同いただける方は、以下の必要事項をご記入ください。
https://bit.ly/G7OpenLetterSignNow


(訳文)

G7諸国へ

私たち、グローバル・サウスとグローバル・ノースの運動と人々は、G7に対し、開発途上国に適切かつ無条件で新規および追加の公的かつ債務を生じさせない気候資金を提供することに対する、緊急かつ長年の要求を繰り返します。私たちは、G7に対し、気候資金の拠出は過去および継続的な排出量に基づく義務であり、気候変動とその影響に対して最も責任があることを思い起こさせます。これは、国連気候変動枠組条約に基づく法的拘束力のある約束でもあります。

私たちは、グローバル・ノース諸国には義務を果たすために必要な数兆ドルを提供するのに十分な公的資金がないという言い訳を受け入れません。2022年、G7諸国は戦争と紛争に 1兆ドル以上の資金を費やしました。2020年から2021年だけで、G7諸国は化石燃料に対する公的補助金に総額3,160億ドルを投入しました。気候資金を集めるために、自国のエリートや企業(その多くは世界のトップの暴利者であり、汚染者でもあります)に課税することは、グローバル・ノース政府の権限の範囲内に十分にあります。

私たちは、G7に対し、このたびの第50回サミットにおいて気候資金に関する議論を優先するよう要求します。本年4月にトリノにおいて、G7気候・エネルギー・環境大臣は「ネットゼロ、循環型、そしてネイチャー・ポジティブ(自然再興)な経済への変革を達成するために、すべてのセクター、すべての国にわたるあらゆるレベルでの緊急かつ強化された行動」を呼びかけました。しかし、G7による適切な気候資金の提供がなければ、この呼びかけは空虚に聞こえます。

G7は、気候資金を提供するために直ちに措置を講じる必要があります。気候資金は、1)公的資金であるべきです。民間投資は、気候変動対策に不可欠な公的資金の代替となるべきではなく、代替することはできません。 2)十分であるべきです。発展途上国のニーズに基づかなければなりません。3)発展途上国の民族自決を侵害する条件がないこと。4) 政府開発援助など、先進国の他の継続的な財政約束に対する新規および追加でなければなりません。G7は、この義務の根底にある原則に反して、利息付きで返済しなければならない融資ではなく、借りている数兆ドルを補助金の形で支払わなければなりません。

遅れが生じるたびに損失や損害が発生し、人々の苦痛は計り知れず、長期的にはより多くの費用がかかることになります。ドバイとブラジル南部で最近起きた悲惨な洪水は、気候資金の提供がかつてないほど緊急であることを私たちに思い起こさせます。G7が国連気候変動枠組条約(UNFCCC)に基づいて行った現在の約束を履行する時期は過ぎました。新たな合同数値目標の期限が迫る中、G7は今こそ約束を増やし、果たせなかった年間1,000億ドルの約束をはるかに上回る金額を実現するときが来たのです。


(原文)

To the G7:

We, the movements and people of the Global South and Global North, reiterate our urgent and long-standing demand for the G7 to deliver adequate, unconditional, new and additional, public, and non-debt-creating climate finance to developing countries. We remind the G7 that the payment of climate finance is an obligation based on their historical and continuing emissions, making them most responsible for climate change and its impacts. It is also a legally binding commitment under the UN Framework Convention on Climate Change.

We refuse to accept the excuse that Global North countries do not have adequate public funds to deliver the trillions needed to meet their obligations. In 2022, G7 countries spent over $1 trillion funding war and conflict. From 2020 to 2021 alone, G7 countries committed a total of USD 316 billion to public subsidies for fossil fuels. It is well within the power of Global North governments to tax their elites and corporations–many of whom are top global profiteers and polluters–to raise funds for climate finance.

We demand that the G7 prioritize discussions of climate finance at the upcoming 50th Summit. Last April in Turin, the G7 climate, energy and environment ministers called for “urgent and enhanced action at all levels across all sectors and all countries to achieve the transformation towards net-zero, circular, and nature positive economies.” But this call rings hollow without the provision of adequate climate finance by the G7.

The G7 must take immediate steps to deliver climate finance that is 1) public – private investments should not and cannot be a substitute for public finance which is vital for climate action; 2) adequate – based on the needs of developing countries; 3) free of conditionalities that infringe on the self-determination of developing countries; and 4) new and additional to other standing financial commitments of developed countries, such as official development assistance. The G7 must pay the trillions they owe in the form of grants, instead of loans that must be repaid with interest, contrary to the principle underlying this obligation.

Each moment of delay results in losses and damages that will cause immense human suffering and cost more money in the long term. The recent disastrous flooding in Dubai and southern Brazil remind us that the delivery of climate finance has never been more urgent. It is past time for the G7 to deliver the current pledges they have made under the UNFCCC. As the deadline for the new collective quantified goal approaches, it is now time for the G7 to increase their pledges and deliver an amount far greater than their failed promise of $100 billion a year.

 

執筆者プロフィール

堀内葵