THINK Lobbyとは

みんなでつくる市民社会シンクタンク

シンクタンクをひらこう。
知識を貯め込む”タンク“ではなく、
人々が行き交う”ロビー“になろう。
市民社会の未来は、
みんなで考えなければ見えてこない。
THINK Lobbyは、
すべての人にオープンな市民社会シンクタンク。
NGOスタッフ。企業に勤める人。生活者。
だれでも自由に出入りができる。
立場に関係なく言葉を交わせる。
だから、新しい発見がある。新しい動きにつながる。
さあ、いっしょに考えよう。
次の市民社会を。次のしあわせを。

みんなでつくる市民社会シンクタンク

※THINK Lobbyは(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)のアドボカシー・シンクタンク部門です。

ビジョン

平和で公正で持続可能な世界の実現

目的

市民が自由に活動できる空間を広げ 、 社会を
より良く変えたいという市民の願いを形にする

目標

① 民主的ガバナンスの推進および市民社会スペースの拡充
② 平和・公正・人権尊重に向けた企業行動の促進

事業分野

①研究

テーマ : ODA 政策 、 民主主義 、 人権 、 企業の社会的公正 等

②提言

提言先 : 日本政府 ( 外務省 、 JICA ) 、 国連 、 G7 、 G20 等

③普及

手段:ウェブサイト、SNS、研究誌「THINK Lobbyジャーナル」、セミナー・イベント、企業への人権コンサルティング 等

④連携

連携先 : NGO ・外務省 ODA 政策協議会 / 連携推進委員会 、 NGO-JICA協議会 、 ビジネスと人権市民社会プラットフォーム (BHRC) 、 SDGs 市民社会ネットワーク 、 市民社会スペース NGO アクションネットワーク(NANCiS) 、 ADA ( アジア開発連盟 ) 、 Forus 、 CIVICUS 、 持続可能な開発のためのアジア市民社会パートナーシップ (APSD) 、 G7 市民社会コアリション 2023 等

スタッフ

堀内葵

副所長

芳賀朝子

マネージャー

山口悠佳

アドボカシーオフィサー

木村文

コミュニケーションコーディネーター